カキ小屋のスケジュールへ
海を見ながら炭火焼き⇒唐泊恵比須かき小屋(通称:カキ小屋)へドライブ土産にお店で購入(持ち帰り・宅配)⇒漁協ストアーへ手軽にお取り寄せ⇒ネット通販へ
バスでかき小屋 西の浦線に乗ってかき小屋へ行こう!!キャンペーン詳細へ

唐泊は「からとまり」と読み、昔“からこ”や“からごう”と呼ばれていたと言われています。
現在では、福岡市西区にある宮浦地区の漁村・漁港部分の総称として呼ばれています。

唐泊(からとまり)航空写真

「唐泊恵比須」の由来

唐泊の地図ここ唐泊にある臨済宗東林寺(栄西禅師により開かれたと言われている)には、昔《龍神さま》と《えびす様》が一緒に祀られていましたが、後なって「蛭子崎(現:唐泊崎)」に「恵比須神社」を建立して移転させたと語り継がれています。
また、「筑豊沿海志」や「北崎村誌」に記載されている、福岡市西区唐泊は、蛭子崎東(えびすざきひがし)に位置し、恵比須神社は夷崎(えびすざき)字櫛(あざくし)にあると記載されています。
このような歴史のある地名を後世に残すために、『唐泊恵比須』と名付けました。

「かき養殖」の始まり

唐泊漁港では、冬漁の主幹魚種であるカタクチイワシの漁獲量が低迷したため、名物であった「煮干しイリコ」を安定生産できなくなり、カタクチイワシ漁から撤退し、2001年(平成13年)からマガキ養殖に着手しました。
現在、イワガキ養殖も行っています。

『唐泊恵比須かき』のこだわり

「唐泊(現地)で食べてもらおう」との思いから、カキ小屋での販売に力を入れています。カキ小屋では、皆様に安心して食べていただくために、私たち漁協と漁業者が一体となって、直接管理・販売を行うとともに、ノロウイルス等の衛生検査も毎月実施することを徹底しています。
そのため、安全性はどこにも負けないという自信をもって、皆さんに提供しています。

唐泊恵比須かきのあゆみ

平成13年 試験養殖開始
平成14年 唐泊恵比須商標申請
平成15年 唐泊恵比須商標登録
区画漁業権取得
カキ小屋スタート(仮設ビニールハウス)
平成18年 福岡県内でノロウイルスの風評被害が広がる。
「かき明太」が福岡市水産ベンチャー育成事業に認定される!
平成19年 9~10月に博多湾が高水温になり、7~8割の牡蠣が死滅!
11月に本格的「カキ小屋」オープン(福岡県初)!
平成20年 カキ小屋が大反響!例年よりも早い2月初旬で終了!
かき専用ポン酢「唐泊恵比須ポン酢」を発売!
平成21年 貽貝の付着が多く、牡蠣の成長が遅れる。
平成18年以来となる5月までの営業と、すくい取りを実施!
平成22年 「佃煮」が福岡市水産ベンチャー育成事業に認定される!

印刷用に!⇒『唐泊チラシ(PDFファイル)』

真牡蠣と岩牡蠣の旬

真牡蠣は毎年11月上旬~3月下旬頃まで。
岩牡蠣は毎年4月中旬~7月下旬頃まで。

運が良ければ、4月中旬から5月上旬は真牡蠣と岩牡蠣の時期が重なるため、カキ小屋で両方を味わうことができます。これは食べ比べてみなきゃ!

※8月~10月は唐泊恵比須かきの販売等は行っておりません。

年間スケジュール

  • 海づり公園ホームページを開く
  • 福岡・博多の観光案内サイトよかなびwebを開く
  • 海鮮直送 旨い!牡蠣屋を開く
  • 出張宅配バーベキュー バーベキューマスターズを開く
  • 浪花鮨を開く
  • 喜多屋を開く